<農地再生と生き物復活>
       

冬期湛水・不耕起移植栽培田

 2010年秋からは新たに山王谷津新田で冬期湛水・不耕起移植栽培田(約12アール)の整備に取り組み、有機無農薬の水稲栽培を目指しています。冬期湛水のために井戸を掘るとともに湧水導入管の埋設・引き込みを行い、2011年1月から湛水を始めました。

こうした栽培方式によって、安心・安全なおコメを作り、会員が家族と一緒にこのおコメで炊いたご飯を楽しく食べられるよう取り組んでいます。

また、対象水田の環境を自然により近づけることによって、アカガエルなど本来この地に棲んでいた生物の復活を促し、自然環境の改善を図ろうとしています。


山王谷津冬期水田に向けた湛水作業

山王谷津田全景