<農地再生と生き物復活>
       

農業支援部が中核となって、毎週月・水・土の定例作業日に農作業や各種の取り組みを行っています。健康づくりや遣り甲斐、楽しさを感じて参加する人が年々増えています。

耕作放棄地の解消に向けて

 雑草の刈り払い、土寄せ、田起こし、湧水路作り、などを通じて耕作放棄地の解消に取り組み、農地への復元を進めています。最近では地元農家から新たに管理を任された山王谷津の田んぼ約12アールで冬期湛水・不耕起移植栽培に着手しました。
 また、それに隣接する耕作放棄水田約48アールも管理することになり、背の高さ以上にのびたアシなどの雑草を刈り取ったり燃やしたりし、さらには大きく育った数多くの柳の木の抜根なども行って耕作放棄地の減少に取り組んでいます。

山王谷津の休耕田で生い茂る雑草を焼却

山王谷津冬期湛水田での畔補修作業