<よみがえれ 緑の里山>
      

管理する林

管理する樹林地は年々拡大

hayashi
新神々廻(ししば)の森―完成後
kumagaisou
ベースキャンプの花壇に咲くクマガイソウ

 活動拠点のある「平塚の里」では、民有地14カ所、計22000uの竹林や杉檜林を整備してきました。白井市から管理を委託された「運動公園の森」「ふるさとふれあいパーク」と特別保全緑地「第三小の森」と、「文化会館の森」の計57,600uも預かっています。
 ほかに栗林と果樹園の民有地3カ所、計5000uも頼まれていて、これらを合わせると8.3ヘクタールの樹林地が管理の対象で、定期的に下草刈りや間伐などの整備作業を続けています。

 2001年に手掛けた延命寺裏の竹林に始まり、管理する林は年々拡大してきました。ベースキャンプには花壇が作られ、脇の竹林にはクマガイソウなども顔を出します。