川のネイチャーゲーム(2010年7月3日)
 日常生活において、子どもたちが川に近づいたり入ったりする機会があまりにも少なく、川は子どもたちにとって身近な存在ではなくなってしまっているのが現状です。
 森、川、田んぼのかかわり合いが、生物多様性と食の安全や食料の確保にとって、どれだけ大きな役割を果たしているかを体験を通して知ってもらい、水にも親しめるよう「川のネイチャーゲーム」で川の生きもの調べとともに、平塚の田んぼの水路や二重川で体験学習をしました。